« 少年野球とスタバ | トップページ | 休日 »

2008年4月 7日 (月)

北京オリンピックに向けて

表題にある北京オリンピックと僕とは何の関係もないが、五輪代表選考となる柔道の大会を見て一言。

実績か実力か?

柔道以外でも代表選考でもめるシーンを目にすることがある。

今回の柔道では、個人的に応援していた野村選手が落選したことが残念でならない。

カール・ルイスに次ぐ五輪4連覇が途切れたことが悔しい。

日本人としてこの偉業を前にして、チャンスを奪われる・・・

確かに最終戦で結果を出せなかったことは否めないが、実績という面で見れば選ばれても良かったのでは。前回、田村選手が選出されたのは実績そのものを重視したものであることを考えればなおさらだ。

しかし、野村選手に次いで期待されている若手平岡選手を見れば、選ばれて当然な結果だが・・・

でも五輪4連覇は観たかった。

井上康生選手の最後の一本勝ちは感動を誘った。

五輪代表への道は、最終決戦でもある全日本選手権に持ち越されたが、北京での勇姿を見たいものである。

一言では済まなかったが、オリンピック競技のスポーツを見ると熱くなってしまう。

昔、ラグビー7人制はオリンピック種目であった。

10年ぐらい前に公開種目として復活するような話が持ち上がり、当時7人制代表でプレーしていたときはオリンピックを視野に入れていた。

実現することはなかったが、当時目標になっていたオリンピックというものが懐かしい。

オリンピックはワールドカップと同じように特別な大会だから、出たいという思いは強かった。

北京に向けて、日本人が世界を相手に勝利する姿を多く見たい。

|

« 少年野球とスタバ | トップページ | 休日 »