« 合同練習 | トップページ | 明治 »

2008年6月 7日 (土)

素っ裸でおよげ!

北京オリンピックに向けてヒートアップしている。

バレーボールでは女子が出場権を獲得し、男子は白熱している。

各競技が出場権を得るために、今は正念場といったところかな。

そして、一番の注目は水泳の水着問題。

協会の契約しているメーカーではない英スピード社のレーザー・レーサーに注目が集まっている。

昨日の大会で、初めて着用する選手が次々に日本新記録を出しているのは驚きだ。

この時期に記録を更新することは異例らしいが、まさに水着の効力というべきか。

北島康介選手の報道で「水着でなく泳ぎに注目して欲しい」と語っていた。

確かに競技そのものより水着に焦点が集まるのは寂しすぎる。

オリンピックは皆、一番の泳ぎ、そして記録を期待している。

良い水着であれば悩む必要は無いだろう。

宣伝効果よりもまず選手のパフォーマンスを第一に考えてもらいたい。

また平泳ぎの金メダルも観たいしね。

|

« 合同練習 | トップページ | 明治 »