« 寒くなりましたね | トップページ | 試合前に »

2008年11月27日 (木)

ダンロップワールドチャレンジ

豊田で開催されたこともあり初めてテニス観戦をすることができた。

注目していたのはクルム伊達公子さん。

印象的だったのは静けさの中で研ぎ澄まされた集中力を感じたことだ。

ゴルフに似た雰囲気の中、互いの駆引きが目に見えるようだった。

終了後の対戦相手のコメントで「伊達さんは試合の雰囲気を作る」と言っていたのも分かる。終始、伊達さんのペースで試合が運ばれているのが垣間見られ、緩急をつけたストロークに加え、メンタルの強さを見せ付けていた。

ミスが起きても対処する能力が高いことが分かる。

逆に対戦相手はミスが続くと悪循環にペースを掴めないでいた。

第1セットを競った中で勝ち取ったのにも関わらず第2、第3セットとバタバタと崩れていってしまったのである。

これも素人目だがゴルフに似ていて、1つミスが起こると考えすぎてネガティブになるとスコアを落としていく。メンタル面で立て直しが効かないとうまくはいかないものだ。

あくまでも素人の視点だが・・・

とにかく初めての観戦は面白かった。

全日本選手権に続きまた優勝する姿が見たいね。

P2008_1126_154810

|

« 寒くなりましたね | トップページ | 試合前に »