« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

降格

寒さが厳しくなりましたが、体調はいかがですか。

先週、コカコーラに惜敗し降格が決まりました。

何度も接戦を落とした結果ですが、これを受け入れ最終戦の神戸戦に挑みます。

ゲームを重ねていくごとにチームは本当に成長してきました。それだけに悔しさも大きいのですが、選手は大きな自信と次へのステップだと考えています。

惜敗するゲームから、差が大きくないようにも見えますが、トップリーグで戦い続けているチームのゲームマネジメントという差においては大きくも感じられました。

接戦を制すためのゲームマネジメントは経験によって得られることが大きいので今後に活かさなければなりませんが、下のリーグでこうしたゲームが減ることで維持していくことの難しさは否めません。

2010_1218_135846ad

Dsc_0022

↑このクリスマスリースはいつも織機を応援してくださる方から頂きました。

ありがとうございます。妻は喜んでおります。

382_1_image408

↑オフにトンガ人の選手主催のBBQ

豚の丸焼きを食しました。トンガ人のパーティ料理だそうです。

衝撃で回っている豚を眺めてましたよ。

|

2010年12月 5日 (日)

織機9節 結果

第9節、NEC戦は17-29敗戦しました。

出場時間は短かったものの怪我の心配はなく、次節はフルで勝利を狙う。

次節で戦うトヨタは昨日、昨季覇者の東芝に勝利した。

勝つことは簡単ではないが、勝負はやってみなければ分からない。トップリーグ初のトヨタダービー、盛り上げたい。

織機は初戦の勝利から敗戦を続けているが、チーム力が上がってきているのは事実。トップリーグで勝つことの難しさを痛感しながらも、中堅処には良いゲームができるという自信がついてきている。初めてスタメンに立つ選手も遜色ない動きができるし、チームの底上げ、この経験は今後のチームには大きな力となる。

ただ良いゲームをしているだけでは残留は遠い。全てのチームが格上だからといって勝ち点を増やすという考えでなく、勝利を手にしなければならない。

ゲームには「流れ」がある。良い流れを感じているときはアタックをしていてもディフェンスでも全てがうまくいく。だがその流れを断ち切ると、忽ちピンチを招いてしまう。クボタ戦でも感じたように。

ゲーム中、数ある選択肢を最良なものをチョイスし成功に近づけることだが、今は結果良い方向に傾かないでいる。

反省をそれだけで終わらせない、修正能力が求められるが、ひとつひとつ明確に判断できるよう次に活かしていきたい。

織機の強みはまとまりにあると自負しているが、これは皆が最後まで諦めず、簡単には崩れないというものだ。

これだけ敗戦が続くのも初めての経験、楽しむ余裕などないが、勝つまで諦めたくはない。



さて、本日12年ぶり対抗戦優勝を狙う、明治と早稲田の戦いがある。

選手権優勝も僕が1年生とき以来。

勝って欲しい。

|

2010年12月 1日 (水)

名古屋飯

メールありがとうございます。

奥さんは順調に妊婦生活を送っています。

もつ鍋「山本牛臓」へ

P2010_1201_203836

韓国風でその他メニューは辛めで美味しい。

愛知と言えば、スタバではなくタリーズやシアトルカフェでもない。

やはり「コメダ珈琲」。

今日はコメダの和風版へ

P2010_1201_215056

P2010_1201_214847

好物のシロノワールの上には抹茶アイス。

食事の後には最高です。

今週末はトップリーグ9節、NEC戦です。(12:00瑞穂)

負けが続いている中、勝利が欲しい一戦。

勝ち点でなく勝つことに執着したい。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »